成都デザインウィーク会場設計

 2014年の成都デザインウィークのための会場設計。展示品が自然の中にそのまま顕出したような状態を考えた。展示台自体はシンプルなキューブが積み重なった形状とし、対比的に通路はカーブを多用した。あたかも鉱山から鉱石を掘り出すように展示スペースを削り出していく。

住所:中国 成都市
プログラム:展示場
延べ床面積:1000平方米
竣工:2014年10月
写真:赵彬

カテゴリー: work