北京市内のマンションリノベーションプロジェクト。閉鎖型厨房をオープンキッチンとし、広すぎたダイニングの一部を書斎とすることで、心地よい開放性とスケール感を持たせた。書斎とダイニングを仕切る格子戸は、表側は面が揃っているが、裏側はうねるような曲面に加工されており、ある角度からは平滑な壁面に、ある角度からは雲が漂うような不思議な見えをする。ソリッドな壁面にリキッドな流動性を時折感じさせることで、日常の中に非日常を埋め込むことを目指した。

クライアント:個人
住所:中国北京市
用途:住宅
竣工:2014年4月
面積:93㎡
照明設計:ぼんぼり光環境計画
施工:松下盛一装修(上海)有限公司
撮影:広松美佐江 (北京鋭景撮影)

カテゴリー: work