料亭松子

 杭州西湖湖畔の三階建古民家全体を日本食の飲食店へと改修した。落ち着いた雰囲気の2〜3階は独立の入り口を持つ日本食の料亭へと改修した。
 天井の低い二階に玄関が配置され、正面の透かし格子は伝統的な麻の葉模様を菱形と正三角形の2レイヤーに分割、再構成している。認識者は全体の中の部分のみ麻の葉を認識し、周縁につれパターンがずれていく。下足箱には名栗加工を施し、彫りの深い溜りを作った。屋根裏を持つ三階は個室を配置し、床の間の棚を高い天井までずらしながら展開させたが、これは修学院離宮の霞棚の参照である。

 

住所:中国杭州市
面積:260.2㎡
設計:堤由匡建筑设计工作室
    (堤由匡、洪秀秀、罗帅鹏、※彭瑶君,※张斯朗) ※インターン
照明デザイン:リュースデザイン (石岡真己子)
設備設計:北京東洲斎技術諮詢有限公司(石川星明、竹林克宣、山崎隆司)
施工:杭州豊元装飾設計工程有限公司
写真:Sensor見聞影像
竣工:2020年5月