玉龍雪山を間近に望む白沙村に、現地の五花石の外壁が美しいナシ族の民家を増改築したリゾートホテルを計画する。
 まず雪山と集落の風景を多様に享受するため、ランダムな石のヴォリーム群を設定する。一方で屋根は規則的に配置し周辺環境と調和させる。その結果露出された木造架構は、五花石の硬質な外殻と対比され、軽快さと重厚さが対比的に現れるように意図した。
 古い記憶と対極的に、現地の材料を使った新しい思考を挿入する。過去と未来を記憶が螺旋状に繋ぐように、新旧の時間と空間を積極的に重層させている。

・施主: 北京青普旅游文化発展有限公司
・住所: 中国麗江白沙鎮白沙行政村忠義四社
・面積: 2482.5㎡
・用途: リゾートホテル
・竣工: 2017/12/01
・施工:雲南理想装飾設計工程有限公司
・照明設計:株式会社ライトモーメント
・設備設計:北京東洲際技術咨詢有限公司
・構造設計:北京炎黄連合国際工程設計有限公司
・写真:広松美佐江、宋昱明(北京鋭景撮影)