炉端焼き源六

 成都シャングリラホテル低層路面に、共通のキッチンを持つ炉端焼きと会席料理の2業態を同時計画する。庶民の民家、武士の茶室、異なる文脈を持つ伝統を参照し、特徴的な要素を抽出、重層的に展開することで、時間の流れに耐えうるインテリアを作ろうと意識した。
炉端焼きは民家の系譜と捉え、ダイナミックな木造架構を持つ高山の吉島家住宅を参照した。極力天井を高くした室内に焼いた松の架構を架け、さらに最上部を鏡天井とすることで木架構が上部まで高く積み上がっている空間を作る。外壁側は市松状に開口部および内照式の障子窓を設置し、指向性のある光が構造をダイナミックに浮かび上がらせる。

住所:中国成都市
面積:173.3㎡
竣工:2018年10月
照明設計:株式会社ライトモーメント(田中圭吾、金森 善弘)
設備設計:北京炎黄連合国際工程設計有限公司(鲍連生,張広強,梁利偉,張慧)撮影:劉偉竣工