会席尺八

 成都シャングリラホテル低層路面に、共通のキッチンを持つ炉端焼きと会席料理の2業態を同時計画する。庶民の民家、武士の茶室、異なる文脈を持つ伝統を参照し、特徴的な要素を抽出、重層的に展開することで、時間の流れに耐えうるインテリアを作ろうと意識した。
 会席は茶室の系譜と考え、茶室建築で見られる掛込天井を何層にも重ね合わせ、小空間の多様性を作る。天井板は細いヒノキのスノコ天井とし、それぞれが傾いて重なるためにモアレを生じさせ、非日常性を演出している。個室も同様にスノコで構成し、床のアッパーライトと天井のトップライトで、小空間に多様性を作り出している。

住所:中国成都市
面積:173.3㎡
照明設計:株式会社ライトモーメント(田中圭吾、金森 善弘)
設備設計:北京炎黄連合国際工程設計有限公司(鲍連生,張広強,梁利偉,張慧)
撮影:劉偉
竣工:2018年10月

カテゴリー: work